ジオグリッド補強土擁壁工法 Adeam Wall アデムウォール工法

アデムウォールは安全で美しい補強土擁壁を造ります。

Home 工法の特長 構造 施工手順 協会概要 会員名簿

トピックス


トピックス一覧へ戻る


「平成19年能登半島地震における補強土壁被災調査結果)」-2007.3.30-

 
平成19年3月25日午前9時42分頃、能登半島沖でマグネチュード6.9と推定される震度6強の地震が発生しました。
ライフライン等の社会基盤に対する被害が報告され、多数の住民の方が避難されています。被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と復興を心よりお祈り申し上げます。
前田工繊株式会社は、ジオテキスタイルを用いた補強土壁の被災状況を調査するために、調査団を現地に派遣し現地調査を実施しました。
調査結果等の情報は、順次弊社およびアデムウォール協会ホームページで掲載いたします。
今回調査対象となった補強土壁は、アデムウォール工法(垂直壁)とユニットキャップ工法(緑化タイプ)を合わせ68箇所ありました。その全ての補強土壁について、地震の影響による変状は確認されませんでした。

●調査関連資料(2007.4.3)
  ・概要(15KB) ・調査箇所(882KB)

トピックス一覧へ戻る